東京市場 円相場は小幅な値動き

東京市場 円相場は小幅な値動き
週明けの8日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きでした。
午後5時時点の円相場は、先週末と比べて29銭、円安ドル高の1ドル=108円34銭から35銭でした。

また、ユーロに対しては先週末と比べて6銭、円高ユーロ安の1ユーロ=121円68銭から72銭でした。

ユーロはドルに対しては、1ユーロ=1.1231から32ドルでした。

市場関係者は「アメリカの雇用統計が想定以上によかったことから、アメリカ経済の底堅さが改めて意識されドルを買って円を売る動きがいくぶん見られた。ただ、ウランの濃縮度の引き上げを発表したイランに対してアメリカが圧力を強化する考えを示し、世界経済の先行きを懸念する投資家も多く値動きは限られた」と話しています。