富士山 9日から山頂まで登山可能に 登山道仮復旧

富士山 9日から山頂まで登山可能に 登山道仮復旧
富士山は山梨県側の登山道が崩れた石で覆われ山頂まで登れなくなっていますが、山梨県などは復旧工事が順調に進んでいるとして、9日午後3時に登山道を仮復旧させ山頂まで登れるようにすると発表しました。現場に配置する誘導員の案内などに従って安全な登山を心がけてほしいと呼びかけています。
富士山は今月1日、山梨県側で山開きを迎えましたが頂上付近にある神社の前の石積みが崩れ山頂に通じる登山道を覆っていて、山梨県側からは9合目の手前までしか登ることができません。

山梨県などは先月から行っている復旧工事が順調に進んでいるとして、9日午後3時に登山道を仮復旧させ登山道を山頂まで登れるようにすると発表しました。

県などは仮復旧で道幅が通常より狭い状態のため、登山者の多い午前0時から午前9時までは安全確保のため現場付近に誘導員を配置することも決めました。

山梨県道路管理課は「仮復旧の状態で登山道が狭くなっているので、現地の誘導員の案内に従って安全な登山を心がけてほしい」と呼びかけています。富士山では10日には静岡県側も山開きを迎えます。

旅館組合長「安心した」

富士山吉田口旅館組合の中村修組合長は「予約のキャンセルが相次いでいたので安心しました。これから夏山シーズンの本番なので多くの登山客に訪れてほしい」と話しています。