男子生徒殺害事件 自宅訪問直後に包丁で襲ったか 埼玉

男子生徒殺害事件 自宅訪問直後に包丁で襲ったか 埼玉
埼玉県所沢市で中学2年の男子生徒が殺害された事件で、逮捕された同級生は、自宅の部屋を男子生徒が訪れた直後に包丁で襲ったとみられることが捜査関係者への取材でわかりました。これまでの調べに対し、「以前、教科書を隠されたことがあり、問い詰めたら否定されけんかになった」などと供述していて、警察が詳しい動機を調べています。
今月5日、埼玉県所沢市で中学2年生の本郷功太郎さん(13)が包丁で刺されて殺害され、同級生の14歳の男子生徒が逮捕されました。

これまでの調べで、本郷さんは一緒にテスト勉強をするために男子生徒の自宅の部屋を訪れたとみられていますが、その後の調べで本郷さんの教科書がかばんの中やその脇にあり、机の上に置かれていなかったことが捜査関係者への取材でわかりました。

これまでの調べに対し、男子生徒は「以前、教科書を隠されたことなどがあり、問い詰めたら否定されたのでけんかになって自宅の包丁で刺した」などと供述しているということです。

警察は自宅の部屋を訪れた本郷さんとテスト勉強を始める前に、包丁で襲ったとみて詳しい動機などを調べています。