韓国ムン大統領 「輸出規制撤回を」 初めて言及

韓国ムン大統領 「輸出規制撤回を」 初めて言及
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、日本政府が半導体の原材料などの韓国向けの輸出規制を厳しくする措置を取ったことについて、初めてみずからの考えを公にし、日本に措置の撤回を求めました。
韓国のムン・ジェイン大統領は8日、大統領府で会議に臨み、日本政府が先週発表した韓国向けの輸出規制を厳しくする措置について、「韓国企業の生産への影響が懸念され、全世界のサプライチェーンが脅威にさらされる状況になった」と懸念を示しました。

ムン大統領が今回の日本の措置について、みずからの考えを公にしたのは初めてで、「民間企業の間の取り引きを政治目的で制限しようという動きに、韓国だけでなく全世界が憂慮している」と述べ、日本の対応を批判しました。

そのうえで、「日本に措置の撤回と誠意ある協議を求める。日本が常に主張してきた自由貿易の原則に立ち返ることを願う」と述べました。

一方、ムン大統領は、日韓両国が対抗措置の応酬に陥ることを望まないとしながらも、「韓国企業に被害が発生した場合は、必要な対応を取らざるをえない」と警告しました。

ムン大統領は10日にも韓国の大手企業のトップらと会い、今後の対応について協議する見通しです。