楽天から巨人へ移籍 古川が入団会見「日本一に貢献を」

楽天から巨人へ移籍 古川が入団会見「日本一に貢献を」
プロ野球の楽天からトレードで巨人へ移籍した古川侑利投手が入団会見を行い「日本一に少しでも貢献できるように力を発揮したい」と意気込みを話しました。
古川投手は佐賀県武雄市出身の23歳の右ピッチャーで、昨シーズン、プロ初勝利を含む4勝を挙げ今シーズンは先発で8試合に登板して1勝2敗の成績でした。

同じプロ6年目の和田恋選手とのトレードで、楽天から巨人に移籍することが7日、発表され8日、都内の球団事務所で入団会見を行いました。

古川投手は子どものころ巨人ファンだったということで「最初に聞いたときは驚いたが、巨人に入団できることを想像したら、誇らしい気持ちが芽生えてきた。リーグ優勝、日本一に少しでも貢献できるように自分の力を発揮してチームの力になりたい」と意気込みを話しました。

武器は150キロ近い速球で「ヤクルトの山田哲人選手はすばらしいバッターなので、自分の強いまっすぐで抑えたい」と、セ・リーグを代表する強打者との対戦を目標にあげていました。

そして「巨人の試合は佐賀でもたくさん映ると思うので、応援をお願いします」と、地元のファンにメッセージを送りました。

古川投手の巨人での背番号は「67」、年俸は推定1600万円で、会見の最後にはユニフォームに袖を通して笑顔をみせていました。