自動車教習所でドローン操縦士養成 スクール開校 茨城

自動車教習所でドローン操縦士養成 スクール開校 茨城
k10011986221_201907081235_201907081238.mp4
茨城県北茨城市にある自動車教習所の運営会社が新たにドローンの操縦士を養成するスクールを開校しました。
ドローンの操縦スクールを開いたのは、北茨城自動車学校です。

8日の開校式には、自動車学校の職員やドローンを扱う団体の関係者などおよそ50人が参加しました。

式典のあと、民間団体が認定する操縦士の資格を持つ講師が、教習所のコースを使ってドローンの模擬飛行などを披露しました。

自動車教習所にドローンの操縦スクールを開校する取り組みは全国で広がっていますが、業界団体によりますと県内では初めてだということです。

教習では、4日間、ドローンの操作方法を学ぶほか、建物の密集地域や空港周辺、それに夜間などは飛行させる際に国の許可が必要なことなどの基本ルールを学ぶことになっています。

また、最終日の試験に合格すれば、民間団体の発行する「操縦士」や「安全運航管理者」の資格が取得できるということです。

北茨城自動車学校の佐藤禎社長は「ドローンには大きな可能性があると思うので一般の人が安全にドローンを活用できるように教習を行っていきたい」と話していました。