5月の機械受注 4か月ぶり減少も基調判断は据え置き

5月の機械受注 4か月ぶり減少も基調判断は据え置き
k10011986061_201907081111_201907081113.mp4
企業の設備投資の先行きを示す主な機械メーカーのことし5月の受注額は、4か月ぶりに減少しました。内閣府は前の月の大型受注の反動による影響が大きいとして基調判断を「持ち直しの動きがみられる」に据え置きました。
内閣府が発表した「機械受注統計」によりますと、主な機械メーカーが国内の企業からことし5月に受注した金額は変動の大きい船舶と電力を除いて8429億円でした。

これは、前の月を7.8%下回り、4か月ぶりの減少となりました。

前の月に船舶向けのエンジンで大型の受注があったことによる反動減や、運輸や郵便の分野でパソコンの受注が振るわなかったことなどが主な要因だということです。

内閣府は「マイナスではあったが、前の月の反動減の要素が大きく、水準としては低いわけではない」として機械受注の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」に据え置きました。