名古屋場所2日目 朝乃山は白鵬に初挑戦へ

名古屋場所2日目 朝乃山は白鵬に初挑戦へ
大相撲名古屋場所は2日目、先場所初優勝した前頭筆頭の朝乃山は休場明けの横綱 白鵬に挑みます。名古屋場所は右腕のけがから今場所復帰した横綱 白鵬をはじめ30代が多くを占める横綱 大関陣と、ともに25歳で先場所初優勝を果たした朝乃山や阿炎といった力をつけてきた若手との争いが注目されます。
自己最高位の前頭筆頭に番付をあげた朝乃山は、7日大関 豪栄道を破り、2日目は横綱 白鵬に挑みます。

両者の対戦は初めてで、場所前には、朝乃山が白鵬のもとを訪ねて稽古を行い、最初の一番は朝乃山が勝ったもののその後は白鵬に圧倒されました。

ともに右四つを得意としていますが、十分な体勢を作る身のこなしや投げなどでは横綱が一枚も二枚も上手です。

朝乃山としては、立ち合いの踏み込みと圧力で上回って先手を取って勝機を見いだしたいところです。


新小結の阿炎は、大関 豪栄道と対戦します。過去の対戦成績は阿炎の1勝3敗です。

阿炎はここ数場所で威力を増してきた突き押しで相手を起こして攻めれば十分に勝つチャンスはあります。一方の豪栄道は初日に黒星を喫していて、序盤での連敗は何としても避けたいところです。

今場所、大関に復帰した栃ノ心は7日、平幕の遠藤に敗れて黒星スタートとなりました。8日は、前頭三枚目の正代との対戦です。

対戦成績は栃ノ心の6勝7敗と分が悪く、大関復帰後、初めての勝利をつかむには右四つ左上手の得意の形を作って攻め切ることが必要です。