韓国側対応を慎重に見極めへ 改善なければ規制強化拡大も

韓国側対応を慎重に見極めへ 改善なければ規制強化拡大も
政府が、半導体の原材料など韓国への輸出規制を厳しくする措置を打ち出してから、8日で1週間になります。今回の措置をきっかけに、韓国側には原材料を適切に管理するよう促したい考えですが、改善に向けた動きがなければ、規制強化の対象をほかの品目にも広げざるをえないとしていて、韓国側の対応を慎重に見極める方針です。
政府は、半導体や有機ELパネルの製造などで使われる3品目の原材料について、今月1日に韓国に輸出する際の規制を厳しくする措置を発表し、4日から実施しています。

韓国側は撤回を求めるとともに、日本の措置はWTO=世界貿易機関のルールで原則的に禁止されている「数量制限」にあたるとして、WTOへの提訴を検討しています。

これに対して日本政府は、軍事転用も可能な原材料であり、輸入した韓国側による不適切な事例が複数見つかったことから、安全保障上、必要な措置だとしています。

また、WTOのルールでは、軍事転用のおそれがある原材料の輸出などで例外を認める規程があるため、「数量制限」の違反にはあたらないと反論しています。

政府としては、今回の措置をきっかけに韓国側が原材料を適切に管理するよう促したい考えです。

しかし、改善に向けた動きがなければ、輸出管理の優遇措置を与える国から韓国を外し、規制強化の対象を一部の工作機械や炭素繊維などほかの輸出品目にも広げざるをえないとしていて、韓国側の対応を慎重に見極めることにしています。