中小企業の従業員医療保険「協会けんぽ」過去最高の黒字

中小企業の従業員医療保険「協会けんぽ」過去最高の黒字
中小企業の従業員らでつくる医療保険「協会けんぽ」の昨年度の決算は、パートで働く人たちの加入が進み、保険料の収入が増えたため、過去最高の5900億円余りの黒字となりました。
「協会けんぽ」は中小企業の従業員やその家族ら3900万人余りが加入する医療保険です。

運営する全国健康保険協会によりますと、昨年度は、パートなど短時間労働者の加入が進んだほか、加入者の賃金も上がって保険料収入が増えたため、収入は前の年度より3977億円多い、10兆3461億円でした。

一方、支出は加入者の医療費への給付に加え、後期高齢者医療制度への拠出金も増加し、前の年度より2515億円増えて、9兆7513億円でした。

この結果、昨年度の収支は5948億円の黒字となり、比較ができる平成4年度以降、最も高くなりました。

ただ、高齢者の医療費の負担が増えるなどの影響で、財政状況は早ければ4年後には赤字になる見通しで、全国健康保険協会は「財政は楽観を許さない状況で、加入者には価格の安いジェネリック=後発医薬品の使用や医療費の適正化を呼びかけるとともに、国に対しては後期高齢者の窓口負担を増やすことも含め、対応をお願いしたい」としています。