動物園でヤクシマザル逃げ出す 入園規制で捕獲進める 沖縄

動物園でヤクシマザル逃げ出す 入園規制で捕獲進める 沖縄
27日午前、沖縄市の動物園「沖縄こどもの国」で飼育しているヤクシマザル14匹がおりから逃げ出しました。2匹は捕獲されましたが、12匹は逃げたままで、動物園は入園を規制して捕獲作業を進めています。
沖縄市の動物園「沖縄こどもの国」によりますと、27日午前10時ごろ、園内のおりの中で飼育しているヤクシマザル14匹が逃げ出したのが確認されました。

このあと、飼育員や連絡を受けた警察などが捕獲作業にあたり、正午までに14匹のうち2匹は捕獲されたということです。

飼育員や警察などが残り12匹の捕獲作業を進めるとともに、園外に出ないよう警戒しています。

ヤクシマザルは鹿児島県の屋久島にしか生息していないサルで、飼育している鹿児島市の動物園によりますと、動きは俊敏ですが、攻撃する力は弱いということです。

警戒心が強いため、人間に近づくことは考えにくいということですが、追い詰めたりすると身を守るため攻撃されるおそれもあるので、見かけた場合には近づかないでほしいということです。

沖縄こどもの国は園内にいた客を園外に避難させるとともに、入園を規制しています。