名古屋 路上刺殺事件 逮捕の男 近所に住む会社員に強い殺意か

名古屋 路上刺殺事件 逮捕の男 近所に住む会社員に強い殺意か
k10011968871_201906260601_201906260602.mp4
24日、名古屋市の路上で会社員2人が刃物で刺されて死亡し、近くに住む男が殺人の疑いで逮捕された事件で、2人の被害者のうち、男の近所に住んでいる会社員の傷の方が数も多く、深かったことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は、強い殺意を持っていたとみて詳しいいきさつを調べています。
24日夜、名古屋市北区西味鋺の路上で現場近くに住むビルメンテナンス会社の社員、赤松英司さん(41)と同僚で愛知県大府市の小笠原智之さん(44)が刃物で刺されて死亡し、警察は、近くに住む無職の佐藤俊彦容疑者(38)を小笠原さんを殺害した疑いで逮捕しました。

調べに対し佐藤容疑者は黙秘しているということです。

警察が2人の遺体を詳しく調べたところ、赤松さんの傷の方が数も多く、深かったことが捜査関係者への取材で分かりました。

佐藤容疑者は赤松さんのマンションのすぐ南向かいに住んでいて、警察は赤松さんに強い殺意を持っていたとみて、事件に至った詳しいいきさつを調べています。