あなたの会社に最高デザイン責任者はいますか?

あなたの会社に最高デザイン責任者はいますか?
企業の経営層をあらわすアルファベット3文字の役職「CEO(最高経営責任者)」や、「CFO(最高財務責任者)」は日本でもなじみがあると思います。では、「CDO」や「CCO」はご存じですか?CDOはチーフデザインオフィサー。CCOはチーフクリエイティブオフィサー。企業の中で「デザイン」に責任を持つ立場、という意味です。今、このCDOやCCOを名乗る経営層が、新しい企業を中心に増えていて、注目されています。なぜ増えているのか、実際、何をする人たちなのか、最前線で活躍するCDOとCCOへのインタビューから探ります。(経済部記者 加藤陽平)

“デザインに力を入れます”

私が訪ねたのは、転職サイトなどを運営する「ビズリーチ」でCDOを務める田中裕一さん。「デザインをいかすための組織再編」という、ちょっと変わった仕事に挑戦しています。

ウェブデザイナーとしてキャリアをスタートした田中さん。別のIT企業でデザイン戦略の策定に携わった後、2017年にビズリーチに転職し、デザイン部門の責任者を任されました。

ビズリーチは、主力の転職サイト事業で成功。今は、企業の生産性向上を支援するサービスなど、転職サイト以外の新たな領域に次々と乗り出し、「もう一段の成長」をはかろうとしています。田中さんに声がかかったのは、このタイミング。

「ビズリーチはデザインに力を入れます」
デザインの力で、企業の柱にすべき事業を育てるため、田中さんは社内外に、こう宣言しました。
「新しい事業や、文化をつくろうという時に、従来のビジネスとテクノロジーだけでは戦えなくなってきていると思います。デザインを使って、何かしらこれまでとは異なるアプローチが必要だった。デザイナーは、目指すべき『to be』を描くのが得意。その姿と現状とのギャップがどれぐらいあるのかを考えて、ギャップを埋めていこうと働きかけるのがデザインの役割だと思っています」

組織再編を託された

田中さんは社内のデザインの状況について、半年かけて徹底的にリサーチしました。最も問題だと感じたのが、デザイナーの配置。事業ごとにデザイナーを囲い込むように配置され、新たな事業を立ち上げたくても、優秀なデザイナーを全社的に活用できない状況だったのです。

そこで、事業に横串を刺せるよう、社内のデザイナーがみな所属する新しい「デザイン本部」を立ち上げました。ここを起点に、ばらばらになっていた事業に統一感を持たせたり、事業全体のブランディングを行えるよう整備したのです。

田中さんがCDOとして果たす役割は、事業拡大や企業価値の向上に向けて、「経営者の目線」と「デザイナーとしての目線」を「接続」することにあると言います。
「経営は原則、ヒト・モノ・カネです。そこでいくらデザインが重要だと言っても伝わらない。経営の言語でそれを説明して、デザインと接続する。その投資でどれくらいの収益が期待できるか、ビジネスのことばでちゃんとロジックを持って説明することが重要です」
「デザインって『効率のいいもの』なんです。小さく試作して、目で見て分かるように示すことができるし、社内の統一見解も得やすい。ただ、デザインは“銀の弾丸”ではない。何でも解決できるわけじゃない。あくまでも経営を主体として、デザインという経営資源を活用していくことが大事なんです」(田中さん)

“しかたなくCCOと名乗った”

次に話を聞いたのは、「ツクルバ」という会社のCCO、中村真広さんです。

中村さんは大学院で建築を学び、博物館の展示内容のデザインや空間プロデュースなどを手がけてきました。8年前の2011年、デザインとITを融合させて社会に新しい“場”を提供したいという思いから「ツクルバ」を創業。

「ツクルバ」は、リノベーションした住宅を一つ一つ取材して紹介する仲介サイトや、オフィスのデザイン、会員制のシェアオフィスなどを手がけていて、どの事業もデザイン性の高い「場づくり」に徹底的にこだわっています。

会社の創業時、中村さんは、みずからCCOと名乗りました。
「共同創業者と2人で起業し、相方はビジネス側でCEO。自分は建築系のクリエイティブに強みを持っていたけど、肩書が見つからず、ある意味しかたなくCCOと付けた。共同創業者と一緒にビジョンを作る時、たまたま僕のほうが形にするのがうまい。けれど、デザイナーというよりもコトを起こす側という意識が強い。あくまで経営の1つの要素としてデザインを位置づけているんです」

簡単にはモノが売れなくなった時代に

中村さんは、今、CDOやCCOといった役職やデザインの重要性が注目されるようになった背景には、簡単にはモノが売れなくなった時代の変化があると考えています。
「今はモノやサービスがあふれすぎていて、機能では差別化できない。そうすると、製品だけでなく、企業としての文脈とか、どんな人がいて、どんなプロセスで製品が生み出されるか一連のストーリーも含めて、『共感』が必要。心を動かすには、全体を設計する、デザインすることが必要になっているのではないか」
「狭い意味での製品のデザインをどうするかから、利用者の体験をどうデザインするか、そして、企業としてどんなメッセージを発信していくか、(CCOとして)それぞれをデザインしてきました。一貫した旗印を掲げることで、社員はもちろん、利用者や取引先まで『共感』を得られるようになってきた。そうした人たちを巻き込んで、会社を社会の中でどう位置づけるか、さらにデザインしていきたいと思っています」(中村さん)

重要なのは経営の中で捉えること

田中さんと中村さん、2人の話に込められたメッセージは、漠然とデザインに期待するのではなく、あくまでも1つの手段として、デザインを経営に落とし込むことの重要性でした。

財務やテクノロジーと同じように、デザインという領域を経営の中にしっかりと位置づける時代。CDOやCCOの役割がこれからますます重要になりそうです。
経済部記者
加藤陽平
平成20年入局
富山局、千葉局などへて
現在は電機業界を担当