身柄確保 そのとき現場では何が… 神奈川 逃走事件

身柄確保 そのとき現場では何が… 神奈川 逃走事件
逃走から5日目となる23日朝、神奈川県横須賀市のアパートで逮捕された小林誠容疑者。身柄を確保された際の状況が警察や近所の人への取材でわかってきました。

警察官20人以上が取り囲む 『もう逃げられないぞ』

23日午前5時前、20人以上の警察官が潜伏していた横須賀市内のアパートを取り囲んでいたとみられます。

そして午前6時半ごろから警察官がアパートの2階の部屋の中にいた小林容疑者の説得を始めたということで、『小林開けろ!』とか『もう逃げられないぞ』といった声を周辺の住民が聞いていました。

数分後には説得に応じて小林容疑者が出てきたということで、午前6時38分に公務執行妨害の疑いで逮捕されました。

その際、刃物は持っておらず、素直に応じて出てきたということです。

このころパーカーのフードをかぶった小林容疑者とみられる男が警察官に囲まれて出て行くのが目撃されています。

部屋には知人と数人の女性も

潜伏していた部屋には犯人をかくまった疑いで逮捕された知り合いの38歳の男と数人の女性がいたということです。