公衆電話に指紋 潜伏先アパート突き止める 神奈川 逃走事件

公衆電話に指紋 潜伏先アパート突き止める 神奈川 逃走事件
今月19日、神奈川県愛川町で実刑が確定し収容される際に逃走した男が、逃走から5日目となる23日朝、神奈川県横須賀市で公務執行妨害の疑いで逮捕されました。市内の公衆電話から男の指紋が検出され、近くの知り合いの家に潜伏していることを突きとめたということで、検察などは逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。
逮捕されたのは傷害などの罪で実刑判決が確定し逃走していた小林誠容疑者(43)です。

小林容疑者は今月19日の午後1時ごろ、身柄を収容するために神奈川県愛川町の自宅を訪れた検察庁の職員らに包丁を振り回して抵抗し、車で逃走しました。警察は知人らにかくまわれながら逃走を続けているとみて、公務執行妨害の疑いで全国に指名手配して行方を捜査していました。

その結果、横須賀市森崎のアパートの1室に小林容疑者が知人と一緒にいることが分かり、23日朝、警察官数十人でアパートを取り囲んだうえで説得したところ、小林容疑者が部屋から出てきたため、公務執行妨害の疑いで逮捕したということです。調べに対し「刃物を持っていたことは間違いない」と供述しているということです。

また警察は一緒にいた自称、建築業の幸地大輔容疑者(38)を犯人をかくまった疑いでその場で逮捕しました。

そして、23日夕方、潜伏先となったアパートの幸地容疑者の部屋を捜索しました。

捜査関係者によりますと、小林容疑者が公衆電話を利用したという情報があり捜査を進めたところ、横須賀市内の公衆電話から小林容疑者の指紋が検出され、300メートル余り離れた幸地容疑者の自宅アパートに潜伏していることを突きとめたということです。

検察や警察は逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。