逃走の男逮捕 潜伏先のアパート 警察官数十人で取り囲み説得

逃走の男逮捕 潜伏先のアパート 警察官数十人で取り囲み説得
k10011965501_201906231208_201906231210.mp4
今月19日、神奈川県愛川町で実刑が確定し収容される際に逃走した男が、逃走から5日目となる23日朝、神奈川県横須賀市で公務執行妨害の疑いで逮捕されました。警察官数十人で潜伏していたアパートを取り囲んだうえで説得したところ、部屋から出てきたため逮捕したということです。
逮捕されたのは傷害などの罪で実刑判決が確定し逃走していた小林誠容疑者(43)です。

小林容疑者は今月19日の午後1時ごろ、身柄を収容するために神奈川県愛川町の自宅を訪れた検察庁の職員らに包丁を振り回して抵抗し、車で逃走しました。警察は知人らにかくまわれながら逃走を続けているとみて、公務執行妨害の疑いで全国に指名手配して行方を捜査していました。

その結果、横須賀市森崎のアパートの1室に小林容疑者が知人と一緒にいることが分かり、23日朝、警察官数十人でアパートを取り囲んだうえで説得したところ、小林容疑者が部屋から出てきたため、公務執行妨害の疑いで逮捕したということです。ドアを開けた際、刃物は持っておらず、けが人もいませんでした。

捜査関係者によりますと小林容疑者は容疑をおおむね認めているということです。

また警察は、小林容疑者と一緒にいた自称、建築業の幸地大輔 容疑者(38)を犯人をかくまった疑いでその場で逮捕しました。

横浜地検によりますと小林容疑者が22日の昼に県内の警察署に出頭するという情報があったということですが、実際には出頭しなかったということです。検察や警察は逃走したいきさつやその間の行動などを詳しく調べることにしています。

近くの住民「きょう午前0時すぎ 似た男が…」

小林容疑者が確保された横須賀市のアパート近くに住む70代の女性は「小林容疑者が確保されたアパートの前の道で、きょう午前0時すぎに、息子が容疑者に似た男が歩いているのを目撃したと言っていました。ふだんは人通りの少ない道なので不審に思ったようです。近くで確保されたと聞いて驚いています」と話していました。

「横須賀市内に潜伏 SNSでうわさに」

小林容疑者が確保された横須賀市のアパート近くを自転車で通りかかった40代の男性は、「SNSを通して横須賀市内にいるといううわさがきのうからあり、もしかしたらとは思ったが、こんなに近くにいたとは驚いた。ようやく捕まってよかった」と話していました。

また、現場のアパートから5分ほどの場所に住む70代女性は「娘が愛川町にいるので、心配していたが、まさか横須賀市にいるとは思わなかった。この辺りはふだん静かな場所なので、潜伏するにはいい場所だと思ったのかもしれない」と話していました。

容疑者の自宅ある愛川町 ダンス教室再開

小林容疑者の自宅がある神奈川県愛川町では、事件の影響で中止されていた子どもたちのダンス教室が容疑者の逮捕を受けて急きょ再開され、子どもたちが元気に体を動かしていました。

小学5年生の女の子は「ずっと家でしかダンスができなかったから、久しぶりに外に出てダンスができて楽しかったです」と話していました。

また、子どもを連れてきた39歳の母親は、「子どもと一緒に『まだ捕まっていないね』としばらく不安の日々を過ごしていましたが、きょうの逮捕を聞いて喜び合いました」と話していました。