ロシア軍爆撃機 日本の領空を侵犯 太平洋上空

ロシア軍爆撃機 日本の領空を侵犯 太平洋上空
20日午前、太平洋の上空でロシア軍の爆撃機が日本の領空を2回にわたって侵犯しました。ロシア機やロシア機とみられる軍用機が日本の領空を侵犯したのは、4年前の平成27年9月以来です。
防衛省によりますと、20日午前8時53分ごろ、沖縄県の南大東島の沖合で、ロシア軍のTU95爆撃機2機が日本の領空を侵犯しました。

航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進して無線で警告を行い、2分46秒後に領空を出ました。

その後、爆撃機は太平洋上を北上し午前10時22分ごろには、このうちの1機が、東京の八丈島の沖合で再び領空を侵犯しました。

このときも航空自衛隊の戦闘機が無線で警告を行い、1分56秒後に領空から出たということで、いずれのケースでも警告射撃は実施しませんでした。

ロシア機やロシア機とみられる軍用機が日本の領空を侵犯したのは、4年前の平成27年9月以来です。

爆撃機は20日午前に日本海を南下して対馬海峡の上空を通過したあと、沖縄の南から太平洋上を北上し、ロシアの方向へ飛行したということで、防衛省が飛行の目的を分析するとともに、警戒と監視を続けています。

最近のロシア機の領空侵犯

最近では4年前の平成27年9月に北海道根室半島沖の上空でロシア機と見られる1機が日本の領空を侵犯しました。

このため航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進をして無線で呼びかけたところ16秒後に領空の外に出たため警告射撃は実施しませんでした。

また、6年前の平成25年8月には、ロシアの爆撃機2機が福岡県沖の日本の領空を侵犯しています。
領空侵犯のおそれがあるとして航空自衛隊は昨年度、999回のスクランブル=緊急発進を行いましたが、このうちロシア機に対するスクランブルは343回と全体の34%を占め、中国機の638回に次いで2番目に多くなっています。

ロシア「領空侵犯していない」

ロシア国防省は「領空侵犯はしていない」と反論しました。

ロシアの通信社が20日、伝えたところによりますと、ロシア国防省は「2機の戦略爆撃機は、日本海や太平洋西部の中立的な海域の上空を、計画どおり飛行した」と主張しました。

そのうえで「空域の利用に関する国際法を順守した飛行であり、他国の領空を侵犯してはいない」と反論しました。