実刑確定の男逃走 刃物所持 依然確保されず 警察が行方を捜査

実刑確定の男逃走 刃物所持 依然確保されず 警察が行方を捜査
k10011961261_201906200436_201906200925.mp4
19日、神奈川県で、実刑判決が確定した男が刃物を持って逃走した事件は、発生から一夜明けましたが今も身柄は確保されておらず、警察などが引き続き行方を捜査しています。
19日午後1時半ごろ、神奈川県愛川町田代にある、実刑判決が確定した小林誠受刑者(43)の自宅を検察庁の職員4人と警察官2人が訪れ収容しようとしたところ、突然刃物を持ち出して抵抗し車で逃走しました。

横浜地方検察庁によりますと、小林受刑者は傷害、窃盗、覚醒剤取締法違反などの罪でことし2月に懲役3年8か月の有罪判決が確定しましたが、その前に保釈されていて、これまで数回、検察庁の職員が収容に向かいましたが、接触できていなかったということです。
小林受刑者は包丁のような刃物を持ったまま黒のホンダのフィットに乗って逃げ、警察によりますと、19日午後6時ごろに東名高速道路の大和トンネル付近を西に向かっていたことがわかっていますが、その後、位置が確認できなくなったということです。

警察などは引き続き行方を捜査しています。

この事件を受け、愛川町にある9つの小中学校では20日朝、児童や生徒の登校に合わせ、教員や保護者、住民などが通学路で見守りを強化して対応にあたるということです。