車と衝突の小田急小田原線 始発から全線で運転再開

車と衝突の小田急小田原線 始発から全線で運転再開
k10011961111_201906200441_201906200908.mp4
19日、神奈川県の小田急小田原線の踏切で、乗用車に電車が衝突し一部の車両が脱線した事故で、小田急電鉄は脱線した車両の撤去作業を進め、安全が確認されたとして20日の始発から全線で運転を再開しました。
19日午後3時前、厚木市船子の小田急小田原線の踏切で、立往生していた乗用車に下りの快速急行が衝突して先頭車両が脱線し、乗客3人が首の痛みを訴えるなどして病院に搬送されました。

小田原線は本厚木と伊勢原の間で上下線とも終日運転できなくなり、小田急電鉄が復旧作業を進めていました。

脱線した車両を事故現場から撤去し、線路に異常がないか試運転を行った結果、安全が確認されたということで、20日の始発から全線で運転を再開しました。

また、念のため始発からの運転は見合わせていた特急ロマンスカーについても、午前10時以降に順次、再開することにしています。