墜落事故のF35 飛行再開容認へ 青森 三沢市長

墜落事故のF35 飛行再開容認へ 青森 三沢市長
k10011961011_201906200445_201906200911.mp4
ことし4月の墜落事故を受けて飛行を停止している青森県の航空自衛隊三沢基地のF35戦闘機について、地元 三沢市の小桧山市長が飛行再開を容認する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。小桧山市長は20日にも防衛省側に伝えるということです。
航空自衛隊三沢基地に配備されている最新鋭のF35戦闘機がことし4月、青森県沖で訓練中に墜落する事故が起き、防衛省は三沢基地配備の残り12機の飛行を停止させ、地元の理解を求めたうえで飛行再開の判断を行うとしています。

飛行の再開について三沢市の小桧山市長は、市議会や市民の意見を聞いたうえで判断する考えを示していましたが、市議会や基地周辺の町内会などからは強い反発が出ていないとして、飛行再開を容認する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。

小桧山市長は20日午後にもこの方針を防衛省側に伝えるということです。

防衛省は三沢市のほか青森県にも事故原因と再発防止策を説明していて、今後、青森県が飛行再開についてどのような判断を示すかが焦点となります。