自衛隊輸送機から“迫撃砲”落下 被害確認されず 静岡

自衛隊輸送機から“迫撃砲”落下 被害確認されず 静岡
18日午後、静岡県で自衛隊が飛行中の輸送機から演習場に物資を投下する訓練を行っていたところ、こん包された迫撃砲が民間地域の山の中に誤って落下しました。これまでに落下による被害は確認されていないということで、自衛隊が原因を調べています。
18日正午すぎ、静岡県にある東富士演習場の上空で、陸上自衛隊が、航空自衛隊の輸送機から物資にパラシュートをつけて投下する訓練を行っていたところこん包された「81ミリ迫撃砲」が誤って落下しました。

迫撃砲はパラシュートが開いた状態で、予定していた地点から南東におよそ5キロ離れた静岡県裾野市の民間地域の山の中に落下しました。

落下した迫撃砲は機材一式とこん包を含め重さがおよそ120キロあり、実弾や火薬は入っていなかったということです。

防衛省や裾野市によりますと、これまでに落下による被害は確認されていないということです。

訓練を行っていたのは、陸上自衛隊のパラシュート降下部隊、第1空挺団で、18日は物資の投下訓練を繰り返していたということで、自衛隊が原因を調べています。