野球部のいじめ自殺 福岡の県立高校を対外試合禁止6か月

野球部のいじめ自殺 福岡の県立高校を対外試合禁止6か月
去年、福岡県久留米市の県立高校の野球部の男子生徒が、ほかの部員によるいじめを受けて自殺した問題で、日本学生野球協会はこの高校をことし9月まで6か月間、対外試合禁止の処分としました。
日本学生野球協会は18日、東京都内で審査室会議を開き、高校10件の処分を発表しました。

このうち去年6月、久留米市の県立高校で2年生の野球部の男子生徒が自殺した問題では、この生徒がほかの野球部員から服を脱がされたり、スマートフォンを隠されたりするなど日常的に嫌がらせを受けていたとして、県の第三者委員会は自殺はいじめが原因だったと結論づけています。

日本学生野球協会はこの県立高校について、ことし3月27日から9月26日まで6か月間の対外試合禁止の処分としたため、この高校はことし夏の全国高校野球福岡大会に出場することができなくなりました。

このほか、甲子園に出場経験のある三重県の菰野高校では先月、上級生の部員が1年生の頭をげんこつで殴るなど部内暴力があったとして、来月8日まで1か月間の対外試合禁止の処分としました。