「大リーグに入りたい」拳銃強奪事件 逮捕の男 子どもの頃の夢

「大リーグに入りたい」拳銃強奪事件 逮捕の男 子どもの頃の夢
大阪 吹田市の拳銃強奪事件で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)と吹田市内の小学校と中学校で同級生だった男性によりますと、飯森容疑者は小学校時代は少年野球チームに、中学校でも野球部に所属し、熱心に練習に励んでいたということです。
当時の様子について男性は「飯森容疑者は外野手やキャッチャーをしていた、チームのレギュラーで、野球に真剣に取り組んでいた」と振り返っていました。

また飯森容疑者は、小学校の卒業アルバムに寄せた文集に「野球を頑張ってプロ野球に入りたい。もっと頑張ってアメリカの大リーグにも入りたい」などと将来の思いをつづっていました。

文集にはさらに「小学5年生の時に神奈川県川崎市の小学校から吹田市の学校に転校した際になかなか友達ができなかったが野球をやり始めてから友達ができるようになった」などともつづっていて、野球を通じて同級生と交流を深め、大きな夢を抱いていた様子がうかがえます。