車が歩道に乗り上げ小学生ら4人けが 60代女を逮捕 東京 町田

車が歩道に乗り上げ小学生ら4人けが 60代女を逮捕 東京 町田
k10011955951_201906172050_201906172051.mp4
17日午後5時すぎ、東京・町田市で車が歩道に乗り上げて歩行者などを相次いではね、子ども3人を含む合わせて4人がけがをしました。警視庁は車を運転していた60歳の女を過失運転傷害の疑いで逮捕し、詳しい状況を調べています。
17日午後5時すぎ、町田市大蔵町の都道「芝溝街道」の脇の歩道にワゴン車が乗り上げ、歩行者などを相次いではねました。

警視庁によりますと、この事故で塾から帰宅途中だった5歳の男の子1人と7歳の女の子2人、それに女の子の50歳の母親の合わせて4人がけがをして病院で手当てを受けているということです。

女の子1人が足の骨を折る大けがをしたほか、もう1人の女の子と男の子も軽いけがをしたということです。

母親の詳しいけがの程度はわかっていませんが、意識はあるということです。

警視庁は、車を運転していた60歳の女を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し「交差点を右折しようとしたら突然意識がなくなった。事故のことは覚えていない」などと供述しているということで、警視庁は事故の原因や詳しい状況を調べています。

現場は、小田急小田原線の鶴川駅から北西におよそ2キロ離れた住宅や商店が建ち並ぶ地域です。

警察は当初、現場の都道を「鶴川街道」と発表しましたが、「芝溝街道」だと訂正しました。

防犯カメラに事故の様子

現場近くの自動車整備工場の防犯カメラには、事故の様子が写っていました。

白いワゴン車がスピードをゆるめることなく交差点に入っていき、そのまま歩道に突っ込んでいきます。

ブレーキを踏んだ様子はうかがえません。

この整備工場を経営する藤田義昭さん(72)は「このあたりは事故が多いところではなかったので、こんなことが起きるとは思っていませんでした。とても怖いです」と話していました。

近くの店舗従業員「子どもが何人か倒れ泣いていた」

近くの自動車販売店の従業員の男性は「車が歩道に乗り上げて用水路のような場所に突っ込んでとまっていました。近くで子どもが何人か倒れて泣いていました」と話していました。

近くに住む60代の女性「通学路で事故起き怖い」

現場近くに住む60代の女性は「事故のあと通りかかったら衝突した車のボンネットが開いていて、子どもたちが警察官から話を聞かれていました。ふだんから交通量が多く、通学路でもあるのでこんな事故が起きて怖いです」と話していました。

近くに住む70代の女性「すごい音と子どもの悲鳴が聞こえた」

近くに住む70代の女性は「すごい音と子どもの悲鳴が聞こえました。現場を見てみると、子ども数人が倒れていて、車が奥に突っ込んでいたので驚きました。自分も車を運転するので気をつけなければと思いました」と話していました。

10歳の男の子「塾に行く途中に大きな音が聞こえた」

けがをした女の子と同じ塾に通っているという10歳の男の子は「塾に行く途中にドンという大きな音が聞こえました。けがをした人のことが心配です」と話していました。