サッカー女子W杯 日本 決勝トーナメント進出決定

サッカー女子W杯 日本 決勝トーナメント進出決定
サッカーの女子ワールドカップフランス大会で、日本は3大会連続となる決勝トーナメント進出が決まりました。
女子ワールドカップフランス大会は、24チームが4チームずつ6つのグループに分かれて1次リーグを戦い、各グループの2位までと3位のうちの成績上位の4チーム、合わせて16チームが決勝トーナメントに進みます。

大会は16日、1次リーグ、グループFの2試合が行われ、スウェーデンとアメリカが勝ってそれぞれ2連勝とし、グループEとFは、最終戦となる第3戦を前に、3位の勝ち点が3までしか伸びないことが確定しました。

日本はすでに勝ち点を4としているため、19日のイングランド戦に敗れ3位に下がっても、上位4チームに入ることになり、決勝トーナメント進出が決まりました。

日本の決勝トーナメント進出は3大会連続です。

日本の高倉麻子監督は「ベスト16進出が決まったことは、目標に近づくという点では1歩前進です。しかし、なでしこジャパンの目標はもっと高いところにあります。この先も今までと変わらず1試合1試合全力で、そして何よりもまずは目の前のイングランド戦に集中して戦います」とコメントを発表しました。