交番襲撃事件 33歳の男に逮捕状

交番襲撃事件 33歳の男に逮捕状
k10011955061_201906170608_201906170609.mp4
16日大阪・吹田市の交番の前で男性巡査が刃物で刺されて拳銃が奪われた事件で、警察が東京・品川区に住む33歳の男の逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は男の行方を捜査するとともに、引き続き住民に警戒するよう呼びかけています。
16日の早朝、大阪・吹田市の千里山交番に勤務する古瀬鈴之佑巡査(26)が、交番前の路上で男に胸などを包丁で刺されて5発の弾が入った拳銃を奪われました。

古瀬巡査は意識不明の重体になっています。

警察は交番の防犯カメラの映像を公開するなどして捜査を進めていましたが、捜査関係者によりますと、東京・品川区に住む飯森裕次郎容疑者(33)の犯行と判断し、強盗殺人未遂の疑いで逮捕状を取ったということです。

警察が映像を公開したあと、飯森容疑者の父親が「息子に似ている」と警察に連絡してきたということです。

中学時代の同級生によりますと、飯森容疑者は小学生のときから高校を卒業するまで吹田市の現場の近くに住んでいたということです。

警察は行方を捜査するとともに、引き続き現場周辺の住民に対し、不要不急の外出は避け警戒するよう呼びかけています。