交番襲撃事件 防犯カメラの不審な男は東京の30代の男か

交番襲撃事件 防犯カメラの不審な男は東京の30代の男か
16日朝早く、大阪・吹田市の交番前で、26歳の男性巡査が男に包丁で胸を刺されて意識不明の重体となり、拳銃を奪われた事件で、交番の防犯カメラに写っていた不審な男が、東京に住む30代の男とみられることが捜査関係者への取材で分かりました。警察は男の特定を急ぐとともに行方を捜査しています。
16日午前5時半ごろ、大阪・吹田市の千里山交番前の路上で、古瀬鈴之佑巡査(26)が左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのが見つかり、意識不明の重体になっています。

古瀬巡査が所持していた5発の弾が入った拳銃が、強奪防止用の金具のフックが外されて奪われ、警察は強盗殺人未遂の疑いで捜査しています。

これまでの調べで事件の1時間余り前に黒っぽい上着と、青っぽいズボン姿で、白っぽい帽子をかぶりメガネをかけた不審な男が8回にわたって交番の周囲をうかがうように歩き回っているのがわかり、警察は交番の防犯カメラに写っていた不審な男の画像を公開しました。

その結果、30代の男の親が、大阪府警に「自分の息子によく似ている」と連絡を入れていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

警察は防犯カメラに写っていた不審な男が、この、東京に住む30代の男とみて、特定を急ぐとともに行方を捜査しています。

また、この男によく似た男が14日から15日にかけて、交番からおよそ2キロ離れた市内のビジネスホテルに宿泊していたことも分かっています。

拳銃を奪った男が逃走を続けていることから、大阪府内では行政や警察が市民に不要不急の外出を控えるよう呼びかけを続けています。

逃走中の容疑者が購入か服装を公開

吹田市の交番前で26歳の男性巡査が包丁で刺されて意識不明の重体になり拳銃が奪われた事件で、大阪府警察本部は新たに、容疑者が逃走中に購入したとみられる服装を公開しました。

警察が公開した服装は、薄い水色でプーマのブランドマークが入った野球帽と、前ファスナーのえんじ色の長袖のジャンパー、それに黒いズボンと紺色のスニーカーです。

ショッピングセンターから、午前9時すぎに右手に血が付いた男の客がこれらの服をおよそ9000円で買っていったという
通報があったということで、警察はこの服装で逃走しているとみて行方を捜査しています。

一方、警察は古瀬巡査が胸のほか、背中や手足など7か所を刺されたり切りつけられたりしていて左胸の傷は心臓に達していたことを明らかにしました。

古瀬巡査は防刃ベストを身につけていましたが、隙間から刺されていたということです。

幼稚園や小中学校休園や休校も

大阪 吹田市の交番で警察官が襲撃され拳銃が奪われた事件を受けて、大阪市教育委員会は、市立の幼稚園や小中学校について17日は、場合によっては臨時休園や休校にすることを決めました。

それによりますと、17日午前7時の時点で犯人が捕まっていない場合は、すべての市立の幼稚園と小中学校で登校を見合わせ、午前9時時点でも捕まっていない場合は、臨時休園や休校にするということです。

また、市立高校のうち吹田市に近い扇町総合高校、淀商業高校、東淀工業高校も同じ対応を取ることにしていて、そのほかの高校は通常どおり授業を行うということです。

一方、保育所は通常どおり子どもを預かるということです。