老後2000万円 自民 石破氏 報告書不受理の政府対応を批判

老後2000万円 自民 石破氏 報告書不受理の政府対応を批判
老後の資産形成で「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の報告書をめぐって、自民党の石破元幹事長は受け取らないとした政府の対応を批判しました。
老後の資産形成で「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の報告書について、麻生副総理兼金融担当大臣は受け取らない考えを重ねて示しています。

これについて、自民党の石破元幹事長は鳥取市で講演し、「年金などの専門家が何回も会議を開き、一生懸命議論して書いたものだ。『政府の考え方と違うので受け取らず、なかったことにしよう』というのは、正しい姿勢だとは全く思わない」と批判しました。

そのうえで、「報告書を受け取って、『これはこういう意味だ』と国民に正直に説明する政府でありたい」と述べ、報告書を受け取って国民に説明すべきだと指摘しました。

また石破氏は夏の参議院選挙にあわせた「衆参同日選挙」について、「参議院選挙は国民がどう政権を評価しているのかの選挙であって、それを政権選択の衆議院選挙と一緒にするのは憲法の考え方に反する」と述べ、否定的な考えを示しました。