ホルムズ海峡 船攻撃情報「日本人はいない」世耕経産相

ホルムズ海峡 船攻撃情報「日本人はいない」世耕経産相
k10011951401_201906131816_201906131817.mp4
世耕経済産業大臣は、ホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃を受けたという情報があったことについて、記者団に対し「情報の収集を進めているが、けが人はなく、日本人はいなかったと聞いている」と述べました。
この中で世耕大臣は、「きょう午前11時45分にホルムズ海峡近くを航行中の日本関係の積み荷を積んだ船が攻撃を受けたとの情報があり、さらに情報収集を進めている。けが人はなく、乗組員はすでに退船しており、日本人はいなかったと聞いている」としました。

さらに、世耕大臣は、積み荷は確認中だが、メタノールとナフサだとしたうえで「基本的にはこういう事態は日本にとっては好ましくない。しっかり対応したい。現時点で日本のエネルギー供給に全く問題は起きておらず、いかなる状況にも適切に対応できるよう万全を期していく」と述べました。