生後3か月の長女殺害 母親「夜泣きで眠れなかった」新潟

生後3か月の長女殺害 母親「夜泣きで眠れなかった」新潟
新潟県長岡市で31歳の母親が、生後3か月の長女に暴行を加え殺害したとして逮捕された事件で、母親は「子どもの夜泣きで眠れなかった」などと供述していることが、捜査関係者への取材で新たに分かりました。警察は育児に悩んで事件に至ったとみてさらに詳しい動機を調べています。
12日午前11時ごろ、長岡市末広の住宅で、この家に住む長岡市役所職員の伊藤法子容疑者(31)が、生後3か月の光ちゃんに床に落とす暴行を加えて殺害したとして12日夜、殺人の疑いで逮捕されました。

これまでの調べに対し、伊藤容疑者は「育児で悩んで追い詰められていた」と供述していますが、その後の調べで「子どもの夜泣きで眠れなかった」などと供述していることが、捜査関係者への取材で新たに分かりました。

また、光ちゃんを「複数回床に落とした」とも供述していて、警察が、13日遺体を詳しく調べた結果、死因は脳挫傷などによる外傷性ショックだったことも分かりました。

長岡市によりますと、伊藤容疑者は4月に助産師が自宅を訪問した際にも眠れないと話すなど、育児の悩みをたびたび周囲に打ち明けていました。

警察は、伊藤容疑者が育児に悩んで突発的に事件に至ったとみて、さらに詳しいいきさつや動機を調べています。