京都遺体遺棄事件 事件直前に市職員が部屋契約か

京都遺体遺棄事件 事件直前に市職員が部屋契約か
京都府向日市のアパートの駐車場で全身をシートにくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された市の職員が、遺体を隠していたとみられるアパートの部屋を事件が発覚する直前に借りていたことが関係者への取材でわかりました。
11日、京都府向日市のアパートの駐車場で全身をシートにくるまれた女性の遺体が見つかり、警察は、1階の部屋に住む橋本貴彦容疑者(55)と、市の職員で担当のケースワーカーだった余根田渉容疑者(29)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

捜査関係者によりますと橋本容疑者は「交際相手を殴ったら死んだ」という趣旨の供述をしていて、警察は、遺体は連絡が取れなくなっている大阪市の40代の女性とみて確認を急いでいます。

橋本容疑者は生活保護の受給者でしたが、付近の人たちは日常的に担当のケースワーカーだった余根田容疑者の車を使っているのを目撃していました。

またアパートの関係者によりますと、今月5日、余根田容疑者が2階の部屋を借り、その後に、遺体を隠していたとみられる大型の冷蔵庫を運び込んだということです。

警察は橋本容疑者から指示があったかどうかなど2人の関係についてさらに調べを進めています。