安倍首相 イラン最高指導者との会談終わる

安倍首相 イラン最高指導者との会談終わる
イランを訪れている安倍総理大臣は日本時間の午後2時半から、最高指導者のハメネイ師と初めての会談に臨み、会談は終わりました。安倍総理大臣は先に「イランの体制転換を望んでいない」と述べたトランプ大統領の真意なども説明し、アメリカとの対話を含め、緊張緩和に向けた建設的な対応を促したものとみられます。
アメリカとイランの対立で中東情勢が緊迫する中、日本の総理大臣として41年ぶりにイランを訪れている安倍総理大臣は、ロウハニ大統領との首脳会談に続き、日本時間の午後2時半から、首都テヘランで最高指導者のハメネイ師との会談に臨み、会談は午後3時20分すぎに終わりました。

国政の実権を事実上、掌握しているハメネイ師は、国外にほとんど出ないことから、日本の総理大臣がハメネイ師と会談するのは初めてのことになります。

また、外国の首脳では、おととし2月にスウェーデンのロベーン首相が会談していますが、アメリカがイランをめぐる核合意から一方的に離脱して以降、G7の首脳でハメネイ師と会談するのは安倍総理大臣が初めてとなります。

会談で安倍総理大臣は、アメリカとイランの対立で中東情勢の緊張が高まっていることを踏まえ、地域の大国であるイランが中東の平和と安定に向けて積極的な役割を果たす重要性を強調したものとみられます。

そのうえで、先に「イランの体制転換を望まない」と述べたトランプ大統領の真意なども説明し、アメリカとの対話に加え、シリアやイエメン情勢への対応を含め、緊張緩和に向けた建設的な対応を促したものとみられます。

また、イランをめぐる核合意を日本政府として支持する考えを伝え、核合意の着実な履行を働きかけたものとみられます。

ただイランは、アメリカが経済制裁を強めていることに強く反発しており、今回の会談をきっかけに、イランの姿勢の変化につながるかどうかが焦点です。