名神高速 車3台関係の事故 3人重体 滋賀 竜王町

名神高速 車3台関係の事故 3人重体 滋賀 竜王町
k10011950891_201906131656_201906131657.mp4
13日午後、滋賀県内の名神高速道路で、大型トラックが乗用車に追突するなど合わせて3台が絡む事故で、乗用車に乗っていた3人が意識不明の重体となっています。警察は、トラックの運転手を逮捕して事故の状況を調べています。
警察によりますと、13日午後1時すぎ、滋賀県竜王町の名神高速道路の上り線で、大型トラックが乗用車に追突するなど、合わせて3台が絡む事故が起きました。

この事故で乗用車を運転していた男性と、後部座席の女性2人の合わせて3人が意識不明の重体となっています。

また、乗用車の助手席にいた男性も病院で手当てを受けています。男性の意識はあるということです。

警察は乗用車に追突したトラックの運転手池田竜也容疑者を(33)過失運転傷害の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、名神高速道路は工事のため通行規制をしていて、事故当時、3台とも追い越し車線を走っていたということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。

この事故の影響で名神高速道路は「竜王インターチェンジ」と「八日市インターチェンジ」の間の上り線が通行止めとなっています。

「後ろから追突」

名神高速道路の事故で、3台のうち先頭にいたとみられるトラックは岐阜県海津市のガラス販売会社のトラックで、会社によりますと、荷台に車両用のガラスを入れる金属製のパレットを積んでいたということです。

事故のあと、運転手から「渋滞をしていて後ろから追突された。はずみで道路上に空のパレットが飛んだ」という連絡があったということです。