保育園児の列に車突っ込む 園児2人けが 兵庫 西宮

保育園児の列に車突っ込む 園児2人けが 兵庫 西宮
13日午前、兵庫県西宮市で、歩道を歩いていた保育園児の列に車が突っ込み、園児2人がはねられてけがをしました。警察は、運転していた69歳の女を過失運転傷害の疑いで逮捕し、詳しい状況を調べています。
13日午前10時前、兵庫県西宮市樋之池町で、保育士に先導されて歩道を10数人で歩いていた保育園児の列に車が突っ込み、壁にぶつかって止まりました。

この事故で6歳と5歳の女の子2人がはねられて、病院に運ばれました。

警察によりますと、6歳の女の子は肩の骨を折る大けが、5歳の女の子は軽いけがだということです。

警察は、運転していた69歳の女を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

現場は、阪急電鉄・苦楽園口駅から西に600メートルほど離れた商店などが建ち並ぶ地域です。

園児は5歳児クラスの17人

西宮市によりますと、事故に巻き込まれたのは、近くの「のぞみ夢保育園」の5歳児クラスの園児たちで、17人の園児が2列になり、列の先頭と最後尾に引率の保育士が1人ずついました。

園児たちは近くの公園で遊ぶため、保育園を出発したところだったということです。