日本ハム 吉田輝星 プロ初登板で初勝利

日本ハム 吉田輝星 プロ初登板で初勝利
去年夏の甲子園をわかせたプロ野球・日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星投手が、広島との交流戦で5回を1失点に抑え、プロ初登板で初勝利をあげました。
吉田投手は1回、ヒットと2つのフォアボールで満塁としましたが、5番バッターからプロ初の三振を奪うなどして無失点でピンチを切り抜けました。

この後、2回に1点を失いましたが、打線が直後に勝ち越すと、3回以降は伸びのあるストレートを低めに集めて連打を許しませんでした。

吉田投手は5回をヒット4本、1失点に抑え、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りました。

この後、4人のリリーフピッチャーが得点を与えず、日本ハムが2対1で勝ち、吉田投手はプロ初登板で初勝利をあげました。

高校卒業のルーキーがプロ初登板で初勝利をあげたのは楽天の安樂智大投手以来、4年ぶりとなります。

吉田「楽しみながらマウンド」

プロ初登板、初先発で初勝利をあげた吉田投手は試合後のヒーローインタビューで「素直にうれしいです。自分だけの力でお立ち台には立てなかったので立たせてもらってうれしい。しっかり準備をして臨んだが、試合に入れば平常心だった。自分の力を全部出そうと思っていた」と時折、はにかむような表情を見せて振り返りました。

満塁のピンチを切り抜けた1回と失点した2回のピッチングについては「ギリギリで抑えられた。楽しみながらマウンドにあがっていた」と話しました。

また、3回に広島の中軸の3人を抑えた場面は「あそこがいちばん気持ちを入れて頑張った」と振り返りました。

そしてウイニングボールについて「大切な一球になった。両親にプレゼントしたい。ここまで来られたのは両親のおかげ。やっと1軍に上がれたので、これからはこれまでやってきてもらったことを返していきたい」と感謝のことばを述べていました。

栗山監督「チームに新しい風」

日本ハムの栗山英樹監督は、プロ初登板で初勝利をあげた吉田投手について「しっかりストレートを低めに投げていて、一生懸命でよかった。チームに新しい風を吹き込んでくれたし、本当によくやってくれた」と評価していました。

広島 鈴木「これまで見たことないストレート」

広島の4番・鈴木誠也選手は、日本ハムの吉田投手のストレートについて「球速以上にスピードを感じるストレートだった」と振り返ったうえで「きれいな回転のストレートをねらうと、ボールがカットするし、カットをねらおうとするときれいな回転のボールが来た。これまでに見たことがないストレートだった」と話していました。

高卒ルーキー初登板初勝利 ドラフト導入以降19人目

プロ野球で高校卒業のルーキーが初登板で初勝利をあげたのは、4年前の平成27年10月、楽天の安樂智大投手以来となります。

このほかには20年前の平成11年4月に当時、西武の松坂大輔投手、14年前の平成17年6月には当時、日本ハムのダルビッシュ有投手が初登板で初勝利をあげています。

そして今回の日本ハム・吉田投手で54年前の昭和40年にドラフト制度が導入されて以降、19人目となります。