キム・ヨジョン氏 韓国高官と面会 元大統領夫人の死去に弔意

キム・ヨジョン氏 韓国高官と面会 元大統領夫人の死去に弔意
韓国のキム・デジュン(金大中)元大統領の夫人が死去したことを受けて、北朝鮮は、12日午後、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹のキム・ヨジョン(金与正)氏を南北の軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)に派遣し、韓国政府の高官と面会して弔意を伝えました。
韓国のキム・デジュン元大統領のイ・ヒホ(李姫鎬)夫人が、10日、死去したことを受けて、北朝鮮は、12日、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の妹で、党第1副部長のキム・ヨジョン氏を南北の軍事境界線にあるパンムンジョムに派遣しました。

キム・ヨジョン氏は、パンムンジョムの北朝鮮側の施設で、韓国大統領府のチョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安保室長らと午後5時から15分ほど面会し、キム委員長の名義の弔辞と弔花を渡しました。

面会のあと、チョン室長は、記者団に対し、「キム・ヨジョン氏からは、イ夫人の民族間の協力のための努力を尊重し、今後も南北間の協力を続けていきたいとの趣旨のことばがあった」と述べました。

ことし2月の2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、南北関係がこう着する中、今回の高官の接触に注目が集まっていましたが、チョン室長は、「きょうは、故人に対する追慕と哀悼に集中した」と述べ、北朝鮮側からムン・ジェイン大統領(文在寅)へのメッセージの伝達などはなかったと明らかにしました。