女児に1年半にわたるいじめ 足骨折も 学校は真剣に取り合わず

女児に1年半にわたるいじめ 足骨折も 学校は真剣に取り合わず
k10011949971_201906121817_201906121822.mp4
大阪 吹田市の小学校で女子児童がほかの児童らからおよそ1年半にわたっていじめを受け、足を骨折するなどの深刻な被害にあっていたことがわかりました。調査した市の第三者委員会は、児童や保護者の訴えを学校や教育委員会が真剣に取り合わなかったとして、その対応を厳しく批判しています。
これは吹田市が設置した第三者委員会が12日に会見を開いて明らかにしたものです。

第三者委員会によりますと、吹田市の小学校に通う女子児童は1年生だった平成27年の秋ごろからおよそ1年半にわたり、5人の同級生らから暴行や暴言、嫌がらせなどのいじめを繰り返し受けたということです。

こうしたいじめで足首を骨折し、心理的なストレスが原因の視力障害になり、登校できなくなったということです。

児童は学校が行った生活アンケートに「けられた。なぐられた」などと記入していましたが、担任は話も聞かないまま深刻ないじめではないと判断し、他の教員と情報を共有することもなかったということです。

また市の教育委員会も、児童からいじめを打ち明けられた保護者が第三者委員会を設置して調査するよう求めたのに「実態解明は難しい」などとして、2か月から3か月にわたって真剣に取り合わなかったということです。

第三者委員会は小学校に対して「いじめの防止や早期発見に取り組もうという意識が欠如していた」と指摘し、教育委員会に対して「いじめや、その後の不誠実な対応が児童や保護者にとってどれほどの苦しみか真に理解できているのか疑問だ」と厳しく批判しています。

第三者委 委員長「被害者に寄り添う意識欠如」

第三者委員会で委員長を務めた上将倫弁護士は会見で「いじめを防ぐための組織的な体制を構築しておらず教員任せにしていたことは、学校や教育委員会の責任だ。被害者の心情に寄り添う意識が欠けていたと感じている」と話しました。

吹田市教委「内部調査 優先させた」と釈明

吹田市教育委員会は会見を開き、当時の対応が不適切だったと認め、謝罪しました。

いじめを受けた児童の保護者が求めた第三者委員会の設置が遅れたことについては「事実確認のために内部調査を優先させた」と釈明したうえで、教育委員会の中で情報共有もできていなかったとしています。

教育委員会は今後、関係者の処分も検討することにしていて、原田勝教育長は「被害にあった児童やご家族に多大なご迷惑をおかけし心からおわび申し上げます。調査委員会からの報告を重く受け止め、すべての子どもたちが安心して学校生活を送れるよう再発防止に強い決意をもって取り組みます」と述べました。