ラグビーW杯まで100日 ビルに巨大ラッピングでPR 埼玉

ラグビーW杯まで100日 ビルに巨大ラッピングでPR 埼玉
k10011949671_201906121328_201906121337.mp4
ことし9月のラグビーワールドカップ日本大会の開催まで100日となった12日、会場の1つがある埼玉県はJRの駅前に巨大な広告を貼り出すなどして大会をPRしました。
ことし9月20日から始まるラグビーワールドカップで埼玉県では熊谷市が会場の1つとなっていて、3試合が行われます。

開催まで100日となった12日、さいたま市のJR大宮駅前では、大会の特別サポーターを務めるタレントのドーキンズ英里奈さんが県の職員とともに「ラグビーワールドカップの成功に向けてオール埼玉で盛り上げていきましょう」と呼びかけながら、ちらしやグッズを配って大会をPRしました。

また100日にあわせ、駅近くのビルには、日本代表候補のリーチマイケル選手がプレーする様子をうつした縦10m、横20mの巨大なラッピング広告も登場しました。

埼玉県ラグビーワールドカップ2019大会課都丸久課長は「世界中のラグビーファンが訪れるワールドカップなので、たくさんの人に楽しんでもらえるよう盛り上げていきたい」と話していました。