野生のツキノワグマ 動物園内で目撃 一部閉鎖 広島

野生のツキノワグマ 動物園内で目撃 一部閉鎖 広島
k10011949591_201906121314_201906121320.mp4
11日夜、広島市の安佐動物公園で野生のツキノワグマが目撃され、動物公園は安全が確認できていないとして一部のエリアを閉鎖しています。
11日午後8時15分ごろ、広島市安佐北区の安佐動物公園で職員が象を飼育している建物とインコを飼育している建物の間で体長1m近いツキノワグマ1頭がいるのを目撃しました。

動物公園は付近を捜索しましたがツキノワグマは見つからず、園内のうち木の茂みが多い「西園」は捜索しきれていない部分があり、安全が確認できていないとして12日朝から閉鎖しています。

安佐動物公園は山に囲まれていて、外から野生の動物が入ったり飼育している動物が外に逃げたりしないよう周囲を柵で囲っていますが、クマのような大型の野生の動物が目撃されたのは初めてで注意を呼びかけています。

安佐動物公園管理課の嶋田浩明係長は「周辺は高さ2mの柵で囲われているが、クマは木を登る習性があり、もしかしたら柵を登ったのかもしれない。安全であることがしっかり確認されてから来場される方に楽しんでほしい」と話しています。

広島市佐伯区から家族で訪れていた女性は「クマが出たと聞いて驚きました。ツキノワグマは大きいので、早く安全が確認されればと思います」と話していました。