錦織圭育てた柏井正樹さん死去 松江のテニススクールコーチ

錦織圭育てた柏井正樹さん死去 松江のテニススクールコーチ
テニスの世界トッププレーヤーとして活躍する錦織圭選手を少年時代に指導し、才能を見いだしたことで知られる松江市のテニススクールのコーチ柏井正樹さんが、11日亡くなりました。58歳でした。
柏井さんは松江市出身で大学時代にテニスを始め、その後、指導者としての道を進んで、松江市内でテニススクールのヘッドコーチを長年務めてきました。

テニススクールでは錦織選手を6歳から中学1年生まで指導し、その才能を見いだして世界トップレベルで活躍する基礎を築いたことで知られています。

こうした功績が評価され、平成16年には日本テニス協会から優秀指導者賞を受賞するなど、指導者として数々の表彰を受けています。

錦織選手が国際大会で上位に進出した際などには、地元でのパブリックビューイングで声援を送るなど活躍を見守っていました。

島根県テニス協会によりますと、11日朝、松江市内の自宅で柏井さんが起きてこないことに家族が気付いたということで、その後、病院で死亡が確認されたということです。