サッカー女子W杯 連覇ねらうアメリカ 13得点でタイに大勝

サッカー女子W杯 連覇ねらうアメリカ 13得点でタイに大勝
サッカーの女子ワールドカップフランス大会は11日、1次リーグの初戦が行われ、大会連覇をねらうアメリカ対タイは、アメリカが13対0で勝ちました。
11日に行われたグループFの初戦は、前回大会優勝で世界ランキング1位のアメリカと、世界ランキング34位のタイが対戦しました。

アメリカは前半12分にチームのストライカー、アレックス・モーガン選手のゴールで先制し、前半だけで3点を奪いリードして折り返しました。

アメリカは後半、モーガン選手がさらに4点を挙げて、ひとりで5得点をマークするなど後半だけで10点を奪いました。

アメリカは、13対0と圧倒的な強さを見せてタイに大勝し勝ち点「3」をあげました。

同じグループFのもう1試合は、世界9位のスウェーデンと世界39位のチリが対戦し、スウェーデンが2対0でチリに勝って勝ち点「3」をあげました。