ロシア 汚職調査の記者を釈放 政権が事態鎮静化図ったか

ロシア 汚職調査の記者を釈放 政権が事態鎮静化図ったか
ロシアで、当局の汚職を調査していたジャーナリストが、違法薬物の所持などの疑いで警察に逮捕され、無実を主張していた事件で、ロシア政府は捜査を打ち切り、ジャーナリストを釈放しました。国民の間で、逮捕は言論弾圧だとする非難が強まったことを受け、プーチン政権が事態の鎮静化を図ったものとみられます。
この事件は、ロシアのネットメディアで当局の汚職問題に関する調査報道を行っていたイワン・ゴルノフ記者(36)が今月6日、モスクワでコカインなど違法な薬物を所持し販売しようとした疑いで警察に逮捕されたもので、ゴルノフ記者は無実を主張していました。

この事件をめぐっては、ロシアの大手新聞3紙が10日、逮捕に抗議する共同声明を掲載したほか、インターネット上では「政府による言論弾圧であり、えん罪だ」などと非難する声が相次ぎ、近く、抗議集会を開催する準備も進められていました。

こうした中、11日、コロコリツェフ内相は「ゴルノフ氏の捜査を打ち切り、容疑を取り下げる。理由は、彼の関与を裏付ける証拠が不十分なためだ」と述べ、ゴルノフ記者は数時間後、モスクワの内務省の施設から釈放されました。

ロシアで刑事事件の容疑者が逮捕からわずか5日後に釈放されるのは異例で、国民の間で、逮捕は言論弾圧だとする非難が強まったことを受け、プーチン政権が事態の鎮静化を図ったものとみられます。