「老後2000万円必要」集中審議めぐり与野党が攻防

「老後2000万円必要」集中審議めぐり与野党が攻防
k10011949121_201906120519_201906120526.mp4
老後の資産形成をめぐり、「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の指針について、麻生副総理兼金融担当大臣は、正式な報告書としては受け取らない意向を示しました。野党側は、予算委員会の集中審議を求め、追及を強めたい考えなのに対し、与党側は、国民の不安払拭(ふっしょく)に努める一方、集中審議には応じない方針です。
老後の資産形成をめぐり、「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の指針について、麻生副総理兼金融担当大臣は「不安や誤解を与えており、政府のスタンスと違う」と述べ、正式な報告書としては受け取らない意向を示しました。

報告書を受け取らないのは異例で、内容は政策に反映されないことになります。

立憲民主党の枝野代表は「政府にとって、都合の悪いものを隠しごまかそうとしている姿勢は、参議院選挙の争点だ」と述べました。

野党側は、夏の参議院選挙も見据え、衆参両院の予算委員会で速やかに集中審議を開催するよう求めるなど、追及を強めたい考えです。

一方、自民党の二階幹事長は「選挙を控えている人々に迷惑を及ぼすことがないよう、しっかり注意していかなければならない」と述べました。

与党側は、参議院選挙に影響を与えないよう報告書の内容は不正確なものだったと説明し、国民の不安払拭に努める一方、集中審議の開催には応じない方針です。