車転落 遺体の男女は前夜に慰謝料話し合い 男が女性殺害か

車転落 遺体の男女は前夜に慰謝料話し合い 男が女性殺害か
青森県深浦町で警察のパトカーに追跡されていた車が崖下に落ち、男女2人の遺体が見つかった事件で、前日の夜、2人の間で慰謝料の支払いをめぐる話し合いが行われていたことが捜査関係者への取材で分かりました。女性はこの後、男に殺害されたとみられ、警察は、何らかのトラブルがあったと見て調べています。
9日、青森県深浦町で、行方不明届が出ている人の車としてパトカーが追跡していた乗用車がおよそ40メートル崖下に転落し、乗っていた男女2人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、女性は秋田県能代市の飲食店従業員、佐藤麻美さん(32)で、死因は首を絞められたことによる窒息死で、車ごと落ちたときにはすでに死亡していたとみられるということです。

男は秋田市の会社員、池島修寿容疑者(39)で、警察は女性の首を絞めて殺害した疑いがあると見ています。

女性は今月2日に警察に対して「男に暴力をふるわれた」と相談していて、その後、今月8日の夜に能代市の知人の家で男と会った際に、慰謝料の支払いをめぐる話し合いを行っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
2人は別々にこの家を出て、その後、行方が分からなくなっていたということです。

女性は知人の家を出てから男に殺害されたとみられ、警察は、2人の間に何らかのトラブルがあったと見て詳しいいきさつを調べています。

事件起きるまでのいきさつ

警察によりますと、今月2日、池島修寿容疑者(39)が佐藤麻美さん(32)に暴行を加えたという通報があり、警察官が出動しました。

警察官に対し、平手でたたいたことを認めたため、警察は男のほうを厳重に注意し、女性には何かあったとき、警察に通報するよう伝えたということです。警察は、被害届を出すよう勧めたものの、女性は出さなかったということです。

こうした対応について、警察は、「やるべきことを行っていて、問題はなかった」としています。

1週間後の9日午後、2人の行方がわからなくなったとそれぞれの家族が警察に相談に訪れ、警察は午後3時すぎに行方不明届を受理しました。

この日の午後5時すぎ、2人を捜索していたパトカーが男の所有する車を秋田県八峰町で発見し、追跡したところ、車はおよそ1.5キロ離れた青森県深浦町にあるドライブインの駐車場に入ったあと、崖の下に転落し、2人は遺体で発見されました。

この際、追跡したパトカーは、赤色灯をつけ、サイレンは鳴らさず、150メートルから200メートルほど車間距離をあけて走っていたということです。

追跡中に秋田県から青森県に入りましたが、パトカーは追跡を続ける一方、青森県警に連絡し、情報を共有していたということです。

秋田県警は、「事件の疑いがあることを把握していたため、刺激しすぎないように対応した。緊急走行にはあたらず、やるべき対応を行ったと考えているが、適切だったか確認している」としています。