日本の最西端が移動 これまでより約110m西に

日本の最西端が移動 これまでより約110m西に
沖縄県の与那国島にある日本の最西端が、これまでよりもおよそ110メートル西へ移りました。与那国島の沖合にある岩が、日本の国土を示す最も基本的な地図に記載されたことによるものです。
国土地理院が発行する2万5000分の1の地図は、日本の国土を示す最も基本的な地図とされ、国土地理院は、国土の東西南北の端をこれを基に決めています。

国土地理院によりますと、今回、新たに記載されたのは与那国島の北北西およそ260メートルにある「トゥイシ」と呼ばれる岩で、存在自体はこれまでもわかっていましたが、前回の調査はおよそ30年前と古かったということです。

今回、地図の更新作業にあたって、ドローンなどを使って詳細な調査を行った結果、1年で最も潮位の高い大潮の時期の満潮時でも、数メートル四方の岩が海面に出ていることが確認されたということです。

これを受けて国土地理院は、2万5000分の1の地図に掲載し、今月からホームページなどで公開を始めました。

これにより、日本の最西端は、これまでよりおよそ110メートル西に移ることになりました。

一方、この岩は、干潮時に現れる島の陸地に近い岩として海図などに記載されていたため、日本の領海や排他的経済水域に影響は無いということです。

今回の記載を決めた要因について、国土地理院は、「社会的に領土への関心が高まり、記載する重要性が増していることも考慮した」としています。

新たな岩 記載の経緯

今回、新たに「トゥイシ」として記載された岩は、沖縄県の与那国島の北北西およそ260メートルの沖合にあります。

国土地理院は、国土の東西南北の端を、2万5000分の1の地図を基に決めています。

国土地理院によりますと、昭和56年に与那国島が初めて2万5000分の1の地図に記載された際は、この周辺に、干潮時には現れるものの満潮時には水面下に沈む岩があるとして、「隠顕岩」という半円を連ねたような地図記号で表現されていたということです。

昭和62年には、こうした岩のうち満潮時でも水面に出る部分の測量が行われ、その結果は5000分の1の地図に記載されましたが、2万5000分の1の地図には反映されていませんでした。

今回は2万5000分の1の地図の更新作業の一環で、満潮時にも水面の上に出ている岩があることが改めて確認されたことから、記載を決めたということです。

国土地理院によりますと、「トゥイシ」という呼び方は、地元の人たちが使っている表現だということです。