青森で車転落 男女の遺体 9日未明にかけ男が女性を殺害か

青森で車転落 男女の遺体 9日未明にかけ男が女性を殺害か
k10011948441_201906111219_201906111226.mp4
9日、青森県深浦町で警察のパトカーに追跡されていた車が崖下に落ち、男女2人の遺体が見つかった事件で、女性と男は前日の今月8日の夜、一緒に知人の家にいたことが分かりました。警察は、知人の家を出たあと9日未明にかけて、男が女性を殺害した疑いがあるとみて調べています。
9日、青森県深浦町で、行方不明届が出ている人の車として警察のパトカーが追跡していた乗用車がおよそ40メートル崖下に転落し、乗っていた男女2人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、女性は秋田県能代市の飲食店従業員、佐藤麻美さん(32)で、死因は首を絞められたことによる窒息死で、車ごと落ちたときにはすでに死亡していたとみられるということです。
男は秋田市の会社員、池島修寿容疑者(39)で、警察は女性の首を絞めて殺害した疑いがあるとみています。

警察によりますと、女性と男は今月8日の夜、能代市の知人の家を訪れていて、その後、別々に知人の家を出たあと、行方が分からなくなったということです。

また、池島容疑者は、車が警察に見つかる前、女性の家族などに電話をかけ、殺害を認め自殺をほのめかしていたということです。

警察は、女性が知人の家を出たあと、今月8日の夜から9日未明にかけて殺害されたとみて捜査するとともに、車が崖から落ちた原因についても調べています。

転落した車をクレーンで引き揚げ 警察

警察は11日午前10時ごろ、崖からおよそ40m下に転落した車をクレーン車でつり上げる作業を始め、およそ1時間かけて崖の上に引き上げました。

ブルーシートで覆われた車体は前方の下の部分が大きく壊れ、左の前輪も外れかけていました。

警察はこのあと、車を詳しく調べることにしています。