沈没した船でたたくような音 不明者か 貨物船衝突事故

沈没した船でたたくような音 不明者か 貨物船衝突事故
k10011931561_201905272026_201905272106.mp4
26日、千葉県銚子市の犬吠埼の沖合で貨物船どうしが衝突して1人が死亡、3人が行方不明になった事故で、捜索にあたっていたダイバーが船体をたたくような音がするのを確認しました。海上保安本部はダイバーの安全を考慮し、27日の捜索を終えましたが、行方がわからない3人が取り残されている可能性もあると見て、28日朝から船内の捜索を再開することにしています。
26日未明、銚子市の犬吠埼の沖合で、いずれも貨物船の「千勝丸(499トン)」と「すみほう丸(499トン)」が衝突した事故では、千勝丸が沈没し、乗っていた5人のうち二等航海士の矢野彰さん(72)が死亡しました。

一等航海士の上村一文さん(60)、機関長の瀬野博さん(69)、一等機関士の馬越才五さん(67)の3人が行方不明となっています。

千勝丸は水深30mほどの海底に横倒しの状態で沈んでいて、第3管区海上保安本部が27日もダイバーを出して船内を捜索したところ、午後1時ごろ、船体をたたくような「コンコン」という音がするのをダイバーが確認したということです。

その後も船尾にある居室付近から音は続いていましたが、海中の視界が悪いこともあり、どこから音が出ているのか具体的な場所は特定できず、ダイバーの安全も考慮して27日の捜索は終えたということです。

海上保安本部は、行方不明になっている3人が船内に取り残され、音で合図を送っている可能性もあるとみて、28日朝からダイバーを出して船内での捜索を再開することにしています。