「チバニアン」申請反対の研究者が土地の賃借権 千葉 市原

「チバニアン」申請反対の研究者が土地の賃借権 千葉 市原
千葉県にあるおよそ77万年前の貴重な地層を「国際標準地」に登録し、この時代を「チバニアン」=千葉時代と名付けようと茨城大学などのグループが国際学会に申請を進めていますが、反対する別の研究者が地層のある土地の賃借権を得ていることが分かりました。登録には研究のための自由な出入りが条件になっていることから、申請を進めるグループでは現状では登録の支障になるおそれがあるとして、今後、話し合いなどで理解を得たいとしています。
茨城大学や国立極地研究所などのグループは、千葉県市原市の地球の磁場が逆転した痕跡が残るおよそ77万年前の貴重な地層を地球の一時代を代表する「国際標準地」に登録するよう、おととし、国際学会に申請の手続きを開始し、登録されれば、この時代を「チバニアン」=千葉時代と名付けるとしています。

これに対して、申請に反対をしている茨城大学の楡井久名誉教授が、地層を含む土地の賃借権を去年、地権者から得ていたことが分かりましたた。

「国際標準地」の登録には研究のための自由な立ち入りが条件となっていますが、名誉教授は取材に対し「長年、調査をしてきて地層の価値は認めているが、申請にはねつ造など誤ったデータが使われていると考えていて、現場保全を目的に貸借権を取得した。申請は取り下げるべきで、このままでは研究の立ち入り制限もやむをえなくなる」と話しています。

これに対して、申請を進めるグループの代表の茨城大学の岡田誠教授は「立ち入りを認めてもらえなければ、登録の支障になるおそれがある」としたうえで、「国際学会からも申請のデータなどに問題はないとの見解が示されていて、その点も含め名誉教授側と話し合い、理解を得たい」としています。

申請作業は予定どおり進めるということです。

また、地層周辺の公有化を目指している市原市でも、名誉教授側と解決に向けた協議を検討するとしています。