北・東日本中心に猛暑日 熱中症に警戒

北・東日本中心に猛暑日 熱中症に警戒
k10011930921_201905271229_201905271232.mp4
27日も各地で気温が上がり、26日に記録的な暑さとなった北海道東部を含め、北日本と東日本の各地で35度を超える猛烈な暑さとなりました。気温の高い状態が続いていることから、引き続き熱中症に警戒が必要です。
気象庁によりますと、北日本と東日本を中心に記録的な暑さをもたらした暖かい空気が残るとともに、強い日ざしが照りつけました。

26日に最高気温が39度前後まで上がった北海道東部では、27日午後4時までの最高気温が帯広市で35度8分、音更町駒場で35度3分と猛烈な暑さになっています。

このほか午後4時までの最高気温は、埼玉県熊谷市で36度2分、群馬県伊勢崎市で36度ちょうど、福島県会津若松市で35度6分、甲府市で35度2分と各地で猛暑日になっているほか、名古屋市で32度7分、東京の都心で32度4分などと広い範囲で30度以上の真夏日になっています。

東京の都心は5月として観測史上初めて4日連続の真夏日です。

体がまだ暑さに慣れていない時期に連日、各地で厳しい暑さが続いていることから、こまめに水分を補給するほか、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を適切に使うなど、熱中症に警戒してください。

北海道では 暑さで列車運休も

暑さの影響で、JR北海道はレールの温度が上昇し変形するおそれがあるとして、27日日中、多くの列車を運休する見込みです。

このうち函館線は札幌と岩見沢の間で午後5時ごろまで運転を見合わせるため、この区間を走る特急列車や快速列車など、多くの列車が運休する見込みだということです。

また北見と網走の間で特急列車2本が運休するほか、石北線の普通列車6本も運休または部分運休します。