暑さ続く 北・東日本で猛暑日予想も 熱中症に警戒を

暑さ続く 北・東日本で猛暑日予想も 熱中症に警戒を
k10011930591_201905270642_201905270644.mp4
27日も北日本や東日本を中心に晴れて気温が上がり、35度前後の猛烈な暑さになるところがある見込みです。連日、厳しい暑さが続くことから熱中症に警戒してください。
気象庁によりますと、26日、北海道では、上空の暖かい空気と強い日ざしの影響で、佐呂間町で最高気温が39度5分と、観測史上、5月としては全国で1位の記録となりました。

また、東北や関東甲信でも最高気温が平年を10度前後上回り、内陸を中心にことし初めて35度以上の猛暑日となりました。

上空の暖かい空気が残る北日本と東日本を中心に27日も35度前後まで気温が上がるところがある見込みです。

日中の最高気温は、
▽福島市と山形市、長野市と埼玉県熊谷市で35度、
▽甲府市と前橋市で34度、
▽東京の都心と名古屋市、北海道帯広市で33度などと予想され、高温注意情報が発表されている地域があります。

体がまだ暑さに慣れていない時期に連日、厳しい暑さが続くため、こまめに水分を補給するほか、屋外ではできるだけ日ざしを避け室内では冷房を適切に使うなど、熱中症に警戒してください。